ケノン 火傷 使用法

ケノンを使用すると火傷するって本当?正しい使い方と注意点

 

 

家庭用フラッシュ脱毛器の中でも人気が高いケノンですが、

 

気になるのが火傷などの炎症ですよね。

 

ときどき、口コミで火傷に関することを見ることがありますが、

 

実際のところどうなのでしょう。

 

ケノンを使って火傷した…という口コミを見ることもありますが、

 

レーザーよりも弱いフラッシュ脱毛であるケノンは、

 

正しく使用すれば火傷することはまずないと言えます!

 

火傷などの炎症を起こさないように使用するためには、

 

正しく使用することが1番大切です。

 

いくらケノンでも最初から照射レベルを高くしたり、

 

照射する前に冷やさずに行うと軽く火傷してしまう危険があります><

 

 

公式でも記載されている様に、しっかり肌を冷やしましょう!

 

家庭用脱毛器は自分自身で行う脱毛なので、

 

安全性は配慮して作られていますが、熱の力を使うわけですから、

 

使い方を間違うと火傷しないとは言い切れなくなってしまいます。

 

使用するのであれば、正しく使うようにしましょう。

 

ケノンで火傷しないためにも大切なことは、

 

照射テストを事前に行って異常がないことを確かめるようにしてください。

 

そこで異常がないことが分かったら、

 

実際に使用するときもレベル1から2、3、4…と

 

少しずつ上げていくようにしましょう!

 

急にレベルを高くしてしまうと、肌が弱い人は火傷してしまう可能性があります。

 

 

 

 

例えば、便秘を早く解消したいからといって、

 

 

下剤を一瓶一気に消費したら、逆に身体を壊しますよね・・・?

 

 

それと同じで、まずは自分の肌にあったレベルを探しましょう!

 

 

また、ケノンのフラッシュは黒色に反応して発熱するので、

 

 

高いレベルよりも時間はかかりますが、

 

 

低いレベルでも継続するムダ毛に対して効果的なのです!

 

 

 

 

その他に大切なことは、ケノン使用の前後にきちんと肌を冷やすということです。

 

今は保冷剤や冷却ジェルなど便利なものがあるので、

 

しっかりと照射部分の肌を冷やすようにしましょう。

 

ケノンで火傷したことがあるという人は、

 

ちゃんと冷やしたと思っていても冷やし方が足りなかったということが多いです。

 

多少キツめにでも、しっかりと肌を冷やしてから脱毛すれば

 

火傷するようなことはまずないと言えるでしょう。

 

ソフトタイプの保冷剤は体にフィットするので、特におすすめです。

 

複数用意しておけば効率よく体を冷やすことが出来ます。

 

 

火傷だけじゃなく、痛みも緩和!

 

しっかりと冷やせば火傷防止になるだけでなく

 

痛みや熱も感じにくくなるので、

 

痛みを感じることなく脱毛することが出来るようになりますよ!

 

使用前だけでなく使用した後もしっかり冷やすようにすると、

 

炎症を抑えることが出来るようになります。

 

その他、気を付けたいのがホクロなどがある部分は隠すようにするということです!

 

ケノンのようなフラッシュ脱毛器は黒色により反応するので、

 

ホクロや傷跡があるとそこが炎症を起こして火傷してしまうことがあります。

 

小さく絆創膏を切って隠すようにしてくださいね。

 

以上のように使用方法をしっかりと守れば、

 

ケノンで火傷するようなことはまずないと言えます^^